悪玉・LDLコレステロールを下げることとサプリメントについて考えてみた

LDLコレステロールを効果的に下げる食べ物ベスト3

LDLコレステロールを下げる食べ物といえば魚でしょう。魚の中でも特にサバやイワシなどの青魚がベストです。青魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれているからです。DHAやEPAは5大栄養素の脂質の材料となる不飽和脂肪酸に分類されエネルギー源や体の構成部分になったり、血中の中性脂肪、コレステロールの量をコントロールするのを助ける働きがあり、肝臓から分泌されるLDLコレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす効果があります。次に青魚に比べあまり知られていないのが食物繊維です。ブロッコリーやホウレン草などの水溶性食物繊維はLDLコレステロールを下げる働きがあります。食べ物を消化するのに必要な胆汁はコレステロールを原料とします。食物繊維を摂取すると胆汁酸が食物繊維と一緒に便として排出されるため体内の胆汁が不足した状態になります。不足した胆汁を生成するためにLDLコレステロールが消費されるためLDLコレステロールを減少させます。最後に発酵食品もLDLコレステロールを下げる効果があります。納豆や味噌などはLDLコレステロールの吸収を抑える働きや血液をサラサラにし中性脂肪を減少させる効果があります。

 

ここで食べ物で摂取するのもよいのですが効率的に摂取できないということもあります。
そこでこちらの高いコレステロールを下げるというサイトが参考になると思いますのでよければ見てみてください。

善玉コレステロールの増やし方について

脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化の原因になるとも言われているコレステロールには、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの2種類があります。
肝臓から体全体に運ばれる時を悪玉コレステロールと呼んでおり、全身に運ばれずに血管の中に留まってしまうコレステロールが血管の中でプラークとなり、様々な病気を引き起こしてしまうのです。
悪玉コレステロール値が正常な場合であっても、運動不足や肉の食べ過ぎなどで動脈硬化が起こる可能性もあるので、注意が必要です。
コレステロールは病気を引き起こすだけではなく、細胞膜やホルモンの材料にもなります。
病気を防ぐとともに、そういった材料を増やす為にも、善玉コレステロールを増やすように心がけましょう。
善玉コレステロールの増やし方は簡単です。
1つは1日30分程度のウォーキングを行なうことです。
歩けば歩くほど、善玉コレステロールは増えていきます。
合わせて行ないたいのが、体幹トレーニングです。
1日1分の体幹トレーニングを行なうことで、筋肉がつき、基礎代謝が上がります。
ウォーキングの有酸素運動の効果をアップさせることができ、更にウォーキングの効果をあげてくれます。
体幹トレーニングに慣れていない場合は、徐々に時間をのばすようにして、無理のない程度から始めると良いでしょう。